渡辺直樹プロ Lesson vol.1「体の硬い方や力の弱い方へ、力のいらないスムーズなスイングを作るレッスン」

今回の動画

 

佐久間コーチ
こんにちは、佐久間コーチです。
今日の内容は「体の硬い方や力の弱い方へ、力のいらないスムーズなスイングを作るレッスン」です。
今回は、ご年配や力の弱い方に人気のレッスンをされている渡辺直樹プロに伝授して頂きましょう!

レッスンに入る前に、少しクラブの性能を軽く頭に入れて頂くと良いと思います。

みなさんシャフトをしならせて振るとボールが飛ぶというのはご存じだと思います。

シャフトの先端にヘッドが付いていて、そのヘッドを見ていただくと先に行くにつれてヘッドの重量や体積などが変わっているのがお分かり頂けると思います。

これを上手く利用するとシャフトがしなってうまくボールが飛ばせるようになります。

ではどうすれば良いかといいますと、

スイングする際に始動からトップまでいきます。

その際に

クラブがどの位置からでもリストターンができる状態のグリップを作っておく。

いつでもリストターンができる状態をキープしながらクラブを上げていくのがベスト。

その為に1つコツがあります。

左の背筋を内側に入れながらトップを作る。同時に、左腰を少し後ろへ引く

これがコツになります。

次に、そのままトップからダウンスイングに切り替わる瞬間に左背筋をさらに内側へ入れてからダウンに移ると、スイング全体が波を打つ感覚が出てきます。

そうしましたら、体重移動と共に自然とクラブが走り出しますので、ボールを追いかけることはせずに、その場に留まるつもりでヘッドを走らせてください。

そうすると力をあまり使わずにシャフトのしなりを活かすスイングができます。

今回は全体の流れをレッスンさせてい頂きました。

それでは動画をご覧下さい☆