(限定公開)【今泉健太郎プロ】VOL.2 飛距離を出すために始めた練習法

ご購入ありがとうございます。

佐久間コーチ

今回は、ドラコンプロの今泉健太郎プロが、ドラコンを始めた時に

まず何を練習し、飛ばしに効果があったか?

というのをレッスンして頂きます♪

なかなか簡単にこういうお話は聞けないのですが、

ひとつずつ当時のお話も交えながら対談して頂きました。

今泉プロがドラコンを始めた当時、飛距離が稼げる長めのシャフトのクラブを使用しようと考え、

シャフトが50インチのクラブを振ってみた所、

どうしてもヘッドが振り遅れてしまい

ボールがスライスして右にしか飛びませんでした。

 

大体ですが、現役男子プロ、女子プロのドライバーの長さの平均は、44~46インチ位

そこで

こうなるのは自分の筋力が無いからだと考えました。

 

当時、インドアの練習場に務めており、この状況で何の練習ができるか考えました。

そこて、腕の筋トレだ】ということで、左右の片手打ちを練習してみました。

 

すると、右手の片手打ちは打てるのですが、

左片手だとうまくボールが打てませんでした

 

そこで、

「そうか、左右片手で打った時にどちらの片手打ちでもボールが上手く打てないと、50インチのクラブは振れないんだ!」

と気づきました。

 

それから、特に左片手打ちを中心に練習を始めたところ

みるみるうちに、50インチのクラブ振り遅れることなく振れるようになりました

 

腕の筋トレ感覚で始めた左右片手打ちにより上達が一気に加速しました!

ボールが真っ直ぐ飛ばなくても構いませんので、左右片手打ちに慣れるまで頑張って練習してみて下さい♪

皆さんもぜひ、この練習法を試してみてくだいね!

 

それでは動画をご覧下さい☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください