【今泉健太郎プロ】VOL.3 飛距離を出すために始めた練習法 体重移動編

ご購入ありがとうございます。

佐久間コーチ

こんにちは!

今日はドラコンプロの今泉健太郎プロに、体重移動について

独自の理論を交えてレッスンして頂きます♪

今回のレッスンでは2つの練習法を伝授していただきました!

まず、

体重移動を「できるだけゼロに近づける」というのが今泉プロ独自の理論だそうです。

どういう事かと説明すると・・・

スイングを行う際、常にボールは止まってる状態。

なので

自分が体重移動すればする程、ボールの打点が変わってしまう。

体重移動すれば、体の軸も左右にブレやすくなり、ボールを左右に動かしながら打っている状態と同じになる。

それだけミート率が落ちてしまう。

ということなのです。

さらに

体重移動が大きくなればなるほど、クラブフェースの安定率も下がる。

ダウンスイングで左に大きく体重移動すると、フェースが開き(プッシュアウト)がでてしまう。

※プッシュアウトとはフェースが右を向いたままボールに当たってしまい、右方向にボールが飛んでいってしまう現象

 

次にプッシュアウトを嫌ってフェースを無理に返せば(チーピン)が出てしまう。

※チーピンとはボールが掴まりすぎて大きく左方向へ飛んでいってしまう現象

ですので、

できるだけ体重移動をせずに体の軸を変えない意識をもってスイングするという事が大事になってきます。

と言う事です。

そこで今回は

体重移動を減らして、体の軸を感じ取る裏技練習法を2つご紹介します

(まず1つ目)

両足をいつもの足幅よりも大きく取る

・バックスイングは右足
・フォロースイングは左足
この三角形をキープしてスイングする

※フィニッシュはできるだけ右足が浮かない様にベタ足のイメージで

(2つ目)

右足1本で立ってスイングする

そうすることにより、体の軸が感じ取りやすくなる

今回は少し難易度が高い練習法ですが、ぜひ皆さんも頑張ってチャレンジしてみて下さいね!

それでは動画をご覧下さい☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください