チーピンの直し方・メカニズム 「佐久間純三プロ vol.11」

今回の動画

こんにちは!佐久間コーチです!

バルキリーゴルフの方へたくさんの質問メール頂きましてスタッフ一同心より感謝申し上げます。

前回から、皆様からの質問に対して動画で、ご回答・レッスンをさせて頂いております。

今回のご質問は、「チーピンの直し方」しかも「超簡単に!」です。

それではチーピンの直し方についてご説明させて頂きます。

●メカニズム

まず1つめ

アウトサイドイン軌道 + フェースの被りすぎ

2つめ

インサイドアウト軌道 + フェースの被りすぎ

このようにどちらも共通しているのが「フェースの被りすぎ」なんです。

ではどうしてフェースが被りすぎてしまうのか?

実はほとんどの方が、グリップに原因があります。

左手を必要以上に被せすぎてしまう。

ストロンググリップ・フックグリップになっている。

そこでまずは、スクエアグリップに慣れましょう!

でも、スクエアグリップって言われても・・・

超簡単に・・・の答えになっていませんよね?

そこでオススメしたいのが、フックグリップで良いので、フェースを開いてから握って下さい。

そうするとインパクトでスクエアに戻った時にフェースが真っ直ぐになっています。

ラウンド中のチーピンでの応急処置にも使える技です。

ぜひこの直し方を一度お試し頂き、皆様のお役に立てればありがたいです!

では動画をご覧下さい☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください